野菜用洗剤を使う

鉄板の上のパプリカ

販売されている野菜用の洗剤は様々なタイプが販売されており、粉末になっているものやジェル状や液状になっているものなど様々です。この違いは、洗剤によって違う由来成分が大きく影響しています。洗剤の元となる成分によって、液状が適している場合や粉末が合う場合と違いがある為です。これらの洗剤は、タイプは違いますが、利用するときは浸け置きをする場合がほとんどです。水に薄めて野菜をしばらく浸けておくことによって、野菜の皮などに付着している汚れを除去することができます。野菜用洗剤を利用する時に、洗浄力によって肌が荒れることを心配する人も多いですが、余分な化学成分を含んでいないものがほとんどで、食器用洗剤程の強い洗浄力も持っていないので肌荒れの心配もそこまでする必要はありません。

野菜用洗剤でよく利用されている成分としては、ホタテ貝を砕いて粉末にしたものや、天然のヤシ油を成分にしたもの、酵素を活かした洗剤などが多くあります。その中でもホタテ貝を有効利用した洗剤は数多く販売されており、野菜以外にも、果物や鮮魚、鮮肉などにも利用できる洗剤もあります。普段から家庭で頻繁に料理をする場合は、様々な食品に利用できる洗剤を利用するのが良いでしょう。野菜用洗剤は、一般家庭ではあまり浸透していないと言われていますが、レストランなどでは広く利用されています。種類によっては、食器も一緒に洗えるものもあります。使い勝手が幅広いものであれば、1つで様々な洗浄をすることができます。